目元の黒ずみ、くすみ、たるみに注意

あなたの目元は健康的ですか。
目元が健康的に明るいと、元気活力のある人だと映ります。
しかし、目元の黒ずみやくすみ、たるみが目立ってしまうと、一気に疲れた人、暗い人、歳老いた人だという風に映ってしまいます。
ですから、私たちは目元のケアをしっかり行って、健康的な瞳と目元を維持していかなければならないのです。
人の目から暗い人、老いた人と映っても問題ないのという人にはあまり関係のない話かもしれませんが。

目元のくすみ、たるみ対策
目元ケアにも色々方法はありますが、一番簡単なのはアイクリームを使用することでしょう。
アイクリームを使用することで、目元の血行がよくなり、くすみやクマも気にならなくなったという人が続出しています。
ほとんどのアイクリームには、保湿成分も配合されているため、くすみやくまは気にならなくても、目元の乾燥が気になる人にもおすすめです。
さらに、たるみが気になる人には、アイクリームを馴染ませた後の簡単なマッサージがおすすめですよ。

 

目元のたるみ改善ツボ押しマッサージ

  1. 親指の腹を眉頭のくぼみにあて、眉の骨を上に3回押し上げます。
  2. 眉毛に沿って眉頭から眉尻に向かい、親指、人差し指、薬指、中指の腹を使って4点をゆっくりと3回押します。
  3. 目の下にある骨に沿って、同じように目頭から目尻に向かって人差し指、中指、薬指を使ってゆっくりと3回押します。
  4. こめかみもぐ~っと押すことで目の疲れが楽になります。

特に目の疲れが気になる時や、まぶたのむくみが気になる時、たるみが気になる人におすすめのつぼおしマッサージです。

 

目元の黒ずみが気になる人の改善法
目元のケアにはアイクリームが手っ取り早いのは、どの悩みに対しても当てはまります。
しかし、ケアの仕方は実は微妙に違いますから、アイクリームさえ塗っていれば万全!と思っている人は要注意ですよ。
特に、黒ずみが気になる人は、紫外線が理由であったり、寝不足などによる血行不良や、色素沈着などの原因が考えられますので、そもそも自分の習慣から見直す必要があります。
血行不良にはアイクリームによるマッサージも有効ですが、色素沈着にはマッサージはおすすめできません。
また、アイクリームを選ぶ際にもUVカット効果や美白効果など、その症状によって選ぶポイントが変わります。

 

アイクリーム選びは慎重に!ということは言うまでもありませんが、実は大事なのは継続使用することです。
アイクリームを使用することで、明日の自分はそんなに変わらなくても、10年後の自分はぐんと変わってきます。
特に、乾燥が気になる人にはぜひ使用してもらいたいアイテムですので、継続使用できる金額、しっかりした成分が配合されたものを選びましょう。