目元ケアをしてキラキラメイクで若さを取り戻そう

「目は口ほどにものをいう」とはよくいったものです。
まさにそのとおりですよね。
私も、目で訴えることがありますが、人の目を見て話をしていると、相手の本心がその瞳から聞こえてくるような気がすることがあります。
やはり、目を見て話すことはとても重要なのですね。
となると、目元のケアは欠かせませんね。
目元ケアをしっかり行っていれば、あなたの目はとても元気な印象を与えることでしょう。
そして、目の周りが綺麗になると、不思議ともっとメイクを楽しみたくなるものです。

目元ケアでキラキラメイクに挑戦!
目元にシワがあったり、目元がたるんでいると、思うようにメイクができなくなってしまいます。
特に、アイシャドウやアイライナーがうまくいかないという人は多いでしょう。
そういった人こそ、目元のケアをしっかりおこなって欲しいのです。
目元からシワやたるみがなくなると、アイメイクの楽しみが増えます。
パールやラメの入ったアイシャドウをまぶたにつけるだけで、目元は一気にオシャレになりますよね。
そして、アイメイクがしっかりできている女性は若く見えるものです。
クールに決めたり、ふんわりした印象にしたり、その日の気分で目元のメイクを変化させることができるのは、やはり目元が綺麗であるからこそですね。
また、ラメアイシャドウをうまくつけることができると、まぶたのくすみをカバーすることもできて一石二鳥ですよ。

 

目元のキラキラメイクを楽しむには、目元ケアを怠らないことが大事
アイメイクを続けていくためには、目元のケアを怠らないことが必須となります。
メイクをしたら、就寝前にはしっかりメイクを落としましょう。
また、擦ることは禁物です。
たるみやくすみ、黒ずみの原因になってしまいますからね。
アイメイクは、アイメイク専用のクレンジングの使用がおすすめです。
そして、保湿力の高いアイクリームや美容液でしっかり保湿してから眠りにつきましょう。
残業続きで帰宅と同時に意識を失う程の眠気と戦っている人も、メイクを落とすこと、保湿をすることだけは忘れずに。
また、週末には頭皮ケアと目元のツボ押しをするなどして、日頃の疲れをしっかり取るとともに、たるみやむくみをなくしておきましょう。
毎日となると、なかなか続けることが難しいマッサージも、週末だけと思えば、気楽に行うことができますよね。

 

クールビューティーな目元や、ガーリーな目元、ポップな印象の目元など、目元のメイク一つで印象はガラリと変わります。
自分の好きな目元の演出を楽しめるように、目元ケアをしっかりと行っていきましょう。
そして、周囲に若い印象を与えてみてはいかがでしょうか。

目元ケアに頭皮マッサージをしてみよう

目元ケアをするのに、目の周りだけを意識してしまう人は多いのですが、実は目元だけのケアではしっかりとしたケアを行うことができません。
シワやたるみ、くすみの改善には顔全体のケアが必要となります。
さらに、内側から働きかけるように、食べ物の改善なども行う必要があります。
しかし、実はこれ以外にも目元をぱっちりさせるために有効なケアがあります。

頭皮マッサージが目元ケアに有効
目の周りのマッサージや、顔のマッサージが目元ケアに有効であることは皆さん察しがつくでしょう。
しかし、これだけでなく、頭皮マッサージも目元ケアには重要なマッサージとなるのです。
というのも、顔と頭皮は1枚の皮膚で繋がっているのです。
だからこそ、顔の一部分でも、たるみやシワの解消をしたいと思っているのでしたら、頭皮マッサージが必要となるのです。
頭皮マッサージは、自分で行っても良いですし、ヘッドスパを美容室などで行ってもらうのも良いですね。
もちろん、目元ケアを行うのが第一目的ですから、頭皮だけのマッサージで目元のケアがしっかりできるわけではありません。
あくまでも、目の周りのツボ押し、そして顔全体のマッサージにプラスするのが頭皮マッサージとなります。
頭皮の血行がよくなることで、顔全体への血流もよくなりますので、くすみで悩んでいる人には特に有効です。
また、たるみの解消、目のパッチリ感もかなり期待できます。
頭皮がたるむ原因は、やはり加齢です。
加齢により、頭皮の筋力と弾力が低下してしまい、たるんでしまうのです。

 

おすすめの頭皮マッサージ
頭皮マッサージといっても、やり方は様々あります。
頭皮の血行をよくして、筋力アップが狙いなので、気持ちよいと感じる程度の刺激を与えるだけでも十分ですし、自分の好きなマッサージを行うのでも構いません。
ただし、効率よく目元ケアを行いたい場合には以下のマッサージがおすすめです。

<耳の付け根マッサージ>
耳の上に指の腹をあて、側頭部をしっかり持ちあげるようにマッサージします。
目元のたるみケアに有効ですし、フェイスラインのリフトアップにも効果があります。

<生え際引き上げマッサージ>
額の生え際に指の腹をあて、皮膚を頭頂部に向かって引き揚げるようにマッサージします。
数回行うだけで十分です。
目元のたるみを予防し、目をパッチリさせる効果が期待できます。

 

どちらも数分で終わり、自宅で簡単にできる頭皮マッサージですので、目元のケアをしっかり行いたい人は、ぜひ週に2~3回程度取り入れてみてください。
実践することで、くすみとたるみの解消プラスすっきり視界を手に入れられるでしょうから、皆さん実践してみましょう。

目元エステも視野に入れてみよう

目元ケアを考えた時に、ふと思いついたのが、目元エステ。
家電用品屋に行けば、この手のアイテムは陳列されているはずなので、これも手軽に購入することができます。
しかし、お値段はやっぱり高めですよね。
となると、買うのはいつでも買えますが、気軽に購入とはならないのかもしれません。
といっても、ネットショッピングで見ると、数千円から高くても20000円弱なので、そこまで手が届かない高価なものでもありません。
せっかくなので、普段頑張っている自分へのご褒美として購入してみてもよいのかなといった感じですね。

目元エステってどんなもの?
目元エステは、目元美人のためのビューティータイプの他にも、疲労ケアのためのリフレタイプがあります。
女性に人気のビューティータイプ、男性に人気のリフレタイプといったところでしょうか。
どちらもおすすめですが、あなたの目元ケアをどのように行いたいかによって選ぶとよいと思います。
眼精疲労が酷い場合や、むくみがひどい場合は、リフレタイプでともかく目元を温めるのがおすすめです。
そして、たるみやシワなどの改善を試みる場合は、ビューティータイプでのケアがおすすめですね。
さらに、目の乾燥が気になる人にもおすすめです。
どちらのタイプも、しっかりと蒸気で目元のリフレッシュをしてくれますよ。
また、大好きな香りを楽しみつつ、目元ケアができるタイプの目元エステも登場しています。
その日の気分に合わせて、アロマの香りを楽しみつつリラックスモードに入りながら目元エステを楽しめるなんて、とても贅沢ですね。

 

目元エステはサロンでもできる?
目元エステと聞くと、エステサロンでの目元ケアを思い浮かべる人もいるでしょう。
実は、目元ケアを行ってくれるサロンもありますので、気になる人はサロンでお試ししてみるのもよいでしょう。
温めと蒸気による潤い、そしてマッサージをしてくれる機械の目元エステと比べ、サロンでの目元ケアは人の手による血行改善、くすみとり、たるみ改善となるので、その人のお肌状態などによって微妙に強弱を変えてくれるという魅力があります。
また、会話を楽しみつつのリラックスモードへ突入ですから、至福のひとときを味わえることでしょう。
サロンでの目元ケアは、市販の目元エステを使用したものとは別のエステとなります。
お値段はそこそこしますが、年に数回、自分へのご褒美として通ってみるのもよいですね。

目元ケアを他力本願で叶えたい人向けの目元エステですが、これだけで全てのケアができるわけではありません。
やはり、普段から温めを意識すること、そして眼精疲労の防止、乾燥を防ぐことなどの意識改善が必要です。
さらに、美容成分配合の美容液やアイクリームの使用も検討しましょう。

目元ケアに高性能美容液モイストプリュスセラム

目元ケアの方法として最も簡単なのは、アイクリームの使用です。
アイクリームを使用したことがない人は、ドラッグストアやコスメコーナーのあるショッピングモールなどでも販売していますし、ネットでも購入することが可能ですので、一度見てみるとよいですよ。
といっても、たくさん商品がありすぎて、どれを買うかかなり悩みますが・・・。
しかし、アイクリームを使用し始めると、目元のハリやくすみが変わってきます。
そのため、一度使用すると手放せなくなる人がたくさんいます。

目元ケアはアイクリームでなくてはダメ?美容液は?
アイクリームは使用したことがないけれど、美容液は使用しているという人もいることでしょう。
では、目元のケアにはアイクリームの使用が必須なのでしょうか。
保湿力やハリ対策成分配合の美容液の使用では効果が見込めないのでしょうか。
目元ケアに特化しているのがアイクリームですから、もちろん目元のケアだけを万全に行いたい人には、アイクリームの使用をおすすめします。
しかし、顔全体のケアを行いつつ、たるみや小じわが気になる目元のケアを行いたい人には、高性能の美容液の使用もおすすめです。
3000円程度の美容液では、あまり効果は実感できないかもしれません。
しかし、定価10000円程度まで広げてみてみると、結構しっかりした美容液があるものです。
たとえば、モイストリフトプリュスセラムは、定価10800円と高級美容液ですが、定期コースの利用により初回は7560円で購入できます。
モイストリフトプリュスセラムの成分には、アセチルコリンと同様の働きをするDMAEが配合されています。
これは、角層の奥の筋肉の収縮を補助して、たるみやシワなどの症状を改善するという優れた働きがあります。
さらに、くすみ対策のαリポ酸、弾力UPのサクシノイルアテロコラーゲン、コラーゲンの働きを促すカルノシンなど、目元のたるみ、くすみ改善に効果が期待できる成分の配合も気になるところです。

 

高性能美容液で、若返り効果が見込める
手軽に購入できる比較的安い美容液は、継続するのは楽ですが、なかなか効果がでにくいのも難点です。
保湿力は高くても、たるみやくすみの改善までは至らないという類似品がたくさん発売されていますね。
しかし、ちょっとだけ奮発して高性能の美容液を購入してみると、あんなに気になっていたくすみが改善された、肌の色が明るくなり、弾力がアップして周りから「若返ったね」と言われるようになったという人もいます。
どんなに肌がきれいでも、弾力がないとやはり若くは見えません。
その弾力UPが見込めるのが、モイストリフトプリュスセラムのような高性能美容液なのです。
まだそこまで高い美容液を試したことがない人は、一度試してみてはいかがでしょうか。
そこそこの美容液+アイクリームか、高性能美容液1本か。
どちらがあなたのお肌の若返りを叶えてくれるか、目元のケアにも有効か、ぜひ両方試してみてもらいたいところです。

目元にとって冷えと乾燥は大敵

女性は冷え症が多いというのはよく聞きますよね。
しかし、最近は男性でも冷え性体質の人が増えてきているのです。
「私冷え症だから~」なんて言う女性(特に若い女性)をちらほら見かけることがありますが、これはなんの自慢にもなりません。
「冷え」は、何一つよいことを生み出さないからです。
寧ろ、冷えてしうことで、多くの病気にかかりやすくなります。
また、夜だって冷えているとなかなか寝付けませんよね。
免疫力を上げるためにも、冷え症は改善していかなければいけません。
また、美容にとっても冷えはよくありません。
たとえば、女性の大敵であるセルライト。
これも、冷えによってできてしまうともいいますから、身体は暖めてなんぼのものだということを覚えておきましょう。

目元を冷やすのもよくない!乾燥も防ごう
目元を冷やすのはよくないというのも、実は目元を冷やしてしまうことで、血行不良が起こり、代謝が落ちてしまうのです。
たまに、目を覚ますためにひんやりしたアイマスクをするくらいならばまだよいのですが、それが常習化してしまったり、常に目元を冷やし気味の人は、くすみやクマを引き起こしてしまうかもしれませんので要注意。
目元は冷やすのではなく、温感アイマスクなどで少しでも温めて血行促進するようにしましょう。
また、乾燥も美容には大敵ですね。
これは、目元も例外ではありません。
乾燥により、目元のシワが増え、深くなってしまうことが考えられます。
特に、湿度が低い冬や、暖房(冷房)のきいた室内は急激に乾燥しやすくなります。
保湿性の高い化粧品を使用するようにしましょう。

 

食べ物でも冷えを防ごう
身体を冷やさないためには、食べ物から気をつける必要があります。
暑い日でも温かい飲み物を飲んで、できるだけ体を冷やさないようにしましょう。
冷えることで、体は中から暖めようと必死に熱を作ります。
これにより、一時的に冷えて気持ち良くなった体は、前よりも熱くなってしまうのです。
一時的な気持ちよさのために、せっかく暖まっている体を冷やすことはできるだけ避けましょう。
また、温かい飲み物でも、コーヒーやカカオなどの暖かい地方の飲料を飲むと、結果として体を冷やしてしまいます。
美味しいのはわかりますが、飲むなら一番体温の高い日中に1~2杯程度に抑えましょう。
生野菜や、果物、砂糖の入った甘い食べ物も体を冷やしてしまいます。
できる限り避けた方が無難ですね。
さらに、刺身やお寿司などの生モノも体を冷やします。
美味しいので、たまに食べたくなるのですが、あまり頻繁に食べるのは避けましょう。

身体を内側から暖めるには、適度な運動で筋力をしっかり維持していくこと、そして湯船につかって体を温めることも大事です。
毎日シャワーだけで済ましてしまったり、運動をせずに休んでしまうのは健康にも美容にもよくありません。
子どもの頃の生活を思い返してみて、健康的な日々を送り、目元の肌の健康もしっかり保っていきましょう。

目元の黒ずみ、くすみ、たるみに注意

あなたの目元は健康的ですか。
目元が健康的に明るいと、元気活力のある人だと映ります。
しかし、目元の黒ずみやくすみ、たるみが目立ってしまうと、一気に疲れた人、暗い人、歳老いた人だという風に映ってしまいます。
ですから、私たちは目元のケアをしっかり行って、健康的な瞳と目元を維持していかなければならないのです。
人の目から暗い人、老いた人と映っても問題ないのという人にはあまり関係のない話かもしれませんが。

目元のくすみ、たるみ対策
目元ケアにも色々方法はありますが、一番簡単なのはアイクリームを使用することでしょう。
アイクリームを使用することで、目元の血行がよくなり、くすみやクマも気にならなくなったという人が続出しています。
ほとんどのアイクリームには、保湿成分も配合されているため、くすみやくまは気にならなくても、目元の乾燥が気になる人にもおすすめです。
さらに、たるみが気になる人には、アイクリームを馴染ませた後の簡単なマッサージがおすすめですよ。

 

目元のたるみ改善ツボ押しマッサージ

  1. 親指の腹を眉頭のくぼみにあて、眉の骨を上に3回押し上げます。
  2. 眉毛に沿って眉頭から眉尻に向かい、親指、人差し指、薬指、中指の腹を使って4点をゆっくりと3回押します。
  3. 目の下にある骨に沿って、同じように目頭から目尻に向かって人差し指、中指、薬指を使ってゆっくりと3回押します。
  4. こめかみもぐ~っと押すことで目の疲れが楽になります。

特に目の疲れが気になる時や、まぶたのむくみが気になる時、たるみが気になる人におすすめのつぼおしマッサージです。

 

目元の黒ずみが気になる人の改善法
目元のケアにはアイクリームが手っ取り早いのは、どの悩みに対しても当てはまります。
しかし、ケアの仕方は実は微妙に違いますから、アイクリームさえ塗っていれば万全!と思っている人は要注意ですよ。
特に、黒ずみが気になる人は、紫外線が理由であったり、寝不足などによる血行不良や、色素沈着などの原因が考えられますので、そもそも自分の習慣から見直す必要があります。
血行不良にはアイクリームによるマッサージも有効ですが、色素沈着にはマッサージはおすすめできません。
また、アイクリームを選ぶ際にもUVカット効果や美白効果など、その症状によって選ぶポイントが変わります。

 

アイクリーム選びは慎重に!ということは言うまでもありませんが、実は大事なのは継続使用することです。
アイクリームを使用することで、明日の自分はそんなに変わらなくても、10年後の自分はぐんと変わってきます。
特に、乾燥が気になる人にはぜひ使用してもらいたいアイテムですので、継続使用できる金額、しっかりした成分が配合されたものを選びましょう。

目元ケアこそ若見えに重要

皆さんは、実年齢と見た目年齢、どちらが若いでしょうか。
私は最近やっと見た目年齢が若くなってきました。
若いころはそれこそハリやツヤがあって見た目年齢は若かったのですが、大してケアをしなかったツケがまわってきまして、20代後半になるとだんだん老けて見えるようになったのです。
30に入るとそれはもう顕著でした。
だからこそ、日々のケアを見つめ直してしっかり行うようになったのです。

目元のアンチエイジングはとても大切
年齢に抗う必要はないと個人的には思っています。
それは若く見えることはとても嬉しいですし、美しく映ることもとても誇りですよね。
しかし、やっぱり年相応の魅力というものが私は好きなのです。
だからこそ、素敵な女性でありたいと願い、内面を磨いて生きたいと思うのです。
まあ、これはあくまでも私個人的な考えではありますが。
さて、実はこの見た目年齢についてですが、目元のケアを行うだけでも見た目年齢は若くなります。
年齢に抗うことではありません。
年齢を重ねた今の自分をより綺麗に見せるためにも、目元のケアを行う必要があるのです。
さらに、目元美人になると、自分に自信が持てるようになります。
これは年齢を重ねた見た目の美しさだけでなく、今まで生きてきた自分に自信を持つことにもつながるのです。

 

目元で決まる若見え術
毎日同じメイクをしているはずなのに、ある日撮った写真を見て愕然としたことはありませんか。
「え?私ってこんなに老けてるの?」そう感じたことのある人は少なくはないでしょう。
自分ではまだまだ若いつもりでいても、見た目は確実に老いていきます。
そこで、美しさを守るために大事になるのが目元ケアなのです。
くまやくすみ、たるみやシワがないだけで、目元はぐんと若くなります。
すると、写真に写った自分を見ても嬉しくなるでしょう。
見た目って、人から見える自分の美しさを磨くためだけでなく、自分の気分を上げるためにもとても大事なのです。
目元からケアを行って目元美人を目指してみましょう。
目元が美人になると、不思議と他も自然とケアをしたくなります。
焦る必要はありません。
しかし、継続は大切です。
日々のケアを行うことで、明日の自分、未来の自分が変わっていくのです。

 

ハリや弾力のある肌って、見た目年齢がマイナス5歳から10歳は変わってきます。
あまり若く見られることは幼いようでなんだか抵抗がある人もいるでしょう。
しかし、幼く見えることと若く見えることは違います。
やはり、綺麗な肌を維持して若々しさを保つことは、今を生きる女性にとっては重要となることでしょう。

目元のケアしていますか?

皆さん、日々の目元ケアをしていますか。
近年は、パソコンを使用した仕事は当たり前、さらに、移動中や空き時間、家でのリラックスモードではスマートフォンをずっと見つめっぱなしという人が増えています。
これでは、目を休める時間がありません。
寝れば回復するだろうと思ったそこのあなた。
甘いですよ。
これだけ目を酷使していれば、夜の睡眠時だけでは目の疲れを完全に回復させることはできません。
しかも、日中外に出ると、紫外線によっても目はダメージを受けます。
その結果、あなたの目元はどんどん乾燥し、たるみが進みしわしわ~と老いていってしまうのです。

 

目元のケアを実践しよう
目元ケアを真剣に考えていなかった人、疲れた時だけなんとなくしていた人、今日これから目元ケアをしっかり行っていきましょう。
目元ケアを行うことで、しわやたるみの改善が図れるだけでなく、瞳の輝きを取り戻すことも可能かもしれません。
やっぱり、目力のある人って魅力的ですよね。

 

第一印象に映る目元は重要
人とはじめて会った時の印象として、あなたは何が一番心に残りますか。
スタイルや線の細さという人もいるでしょうが、多くの人は相手の目元を見て話をします。
だからこそ、目元のケアは重要であり、目元ケアをしっかり行っている人の印象は若くハツラツと見えるのです。
よく、「目は口ほどにものをいう」と言いますよね。
そのくらい、目の輝きは重要であり、さらにその目の周りの目元のハリも大事になってくるのです。

 

目元ケアを行わないとどうなる?
顔のケアを行う女性はたくさんいることでしょう。
たるみやシワ改善のために、週に1回は美顔器を使用している人も珍しくはありません。
しかし、顔のたるみやシワを改善するならば、目元のケアも重要になります。
目の周りのケアは、デリケートな部分のため、なかなか手が入りにくいという点もありますが、目元を制するものが美を制すといっても過言ではありません。
そのくらい、目元ケアは大事だということを覚えておきましょう。
目の周りには眼球を守るための脂肪があります。
加齢によりハリや弾力が失われるとともに、この脂肪の重さも支えきれなくなり、上まぶたは目に覆いかぶさるようになります。
さらに、眼球自体も靭帯が加齢によりゆるんでしまうことにより、下がってしまいます。
そして、下まぶたの脂肪が圧迫されて浮き出てしまうのです。
だからこそ、目元ケアを行い、目元のたるみはしっかり改善していく必要があるのです。

目元ケアをしっかり行う必要があるということが判明しましたよね。
すぐに実践できる目元ケアをご紹介しますので、しっかり実践していきましょう。